【低位株スクリーニング】現金等(現金同等物)は時価総額と比較

前回の「【低位株スクリーニング】営業キャッシュフローはプラス」に引き続き、

スクリーニングで使用する財務指標の解説をしたいと思います。

 

今回紹介する財務指標は、「現金等」です。

これはなんとなくイメージ湧きますよね!

 

現金等・現金同等物とは

 

現金等(現金同等物)とは

現金・預金(普通預金ならびに当座預金)
3ヶ月以内の短期投資(定期預金等)

を指します。
【低位株スクリーニング】営業キャッシュフローはプラス」では、

キャッシュフローで「カネ回り」をチェックしましたが、
今回の現金等とは、要するに「持ちガネ」を表します。

前回キャッシュフローの重要性を繰り返し述べましたが、
今回の「現金等」はそれこそキャッシュフローの源泉です。

「現金等」指標の使い方

これが多ければ多いほど良いわけですが、
どの程度あればよいのでしょうか?
その指標として、時価総額との比較で見る方法があります。
今回もいきなり出てきましたね。
時価総額とは何でしょうか?

時価総額とは

時価総額 = 発行済み株数 × 株価

です。
企業の株式市場における価値・評価を測る指標として用いられます。

 

現金等と時価総額の関係をチェック

さて、現金等の説明に戻りますが、
どれだけ現金等を持っていればよいかでしたね。

ズバリ、

現金等 ≧ 時価総額

となっている銘柄を探します。

この大小関係の意味が分かるでしょうか、
ある企業が、その企業が持っている「持ちガネ」以下の評価しかされていない。
ある意味、「不当に安い株価」をつけられているということです。

 

この銘柄の株価は「不当」に安く評価されている!と怒ってもいいですが、
そこは、それ。
わたしたちは投資家です。
投資家は、安く買って、高く売る。
不当だろうがなんだろうが、安いものはありがたく買わせていただきましょう(笑)

まとめ

この記事では、現金等の説明をさせていただきました。

いかがでしたか?

よくわかったでしょうか。それともイマイチ?

ひきつづき、スクリーニングに使用する財務指標を説明していきます。

低位株投資に興味を持たれたあなた!
証券口座を開設しましょう。
わたしのおススメの証券会社はこちら

 

前の記事次の記事

関連記事

無料の株式銘柄スクリーニングサイトを試してみた【Alpha スクリーニング】

【低位株スクリーニング】営業キャッシュフローはプラス

【低位株スクリーニング】PBRは1以下の割安株を

【低位株スクリーニング】5年月足チャートはうねりと出来高を見る

驚きの低位株スクリーニング手法

【低位株スクリーニング】自己資本比率が高すぎる低位株は注意