【低位株投資体験談】やっぱり馴染みの銘柄が一番おススメ!!

その後も 6701日本電気で負った傷をリカバーすべく
銘柄探しに余念がありませんでした。
しかし、季節はあっという間に秋。
有名な株の格言

「Sell in May and Don’t come back until St. Leger’s day」
の9月です。
ここでも、わたしは古巣に戻りました。
以前からウォッチしていた銘柄がいくらかチェックしたのです。
チェックした銘柄は

天昇電気
日東化工
リード
玉井商船

などでした。
天昇電気は2012年9月11日65円で1000株購入。
9月13日に66円で売却。
プラス1000円
日東化工は2012年9月20日に55円で1000株購入。
つづいて、9月27日に53円で2000株購入。ナンピンしました。
さらに、10月2日に52円で1000株購入。さらにナンピンです。
つぎに購入したのが
リード
です。
2012年9月27日に60円で1000株購入。
2012年10月2日に59円のナンピン買いで2000株購入。
ここで再度
天昇電気を買いました。
2012年10月2日に65円で1000株購入。
2012年10月16日に62円まで下がったところをナンピン買いで2000株購入。
さらに、畳み掛けるように
玉井商船を買いました。
2012年10月3日70円で1000株購入。
これらの株を次の春まで持ち越すことにしました。
さあ、どんな結果が待っていたのでしょうか?
まず一番に動いたのが日東化工でした。
2013年3月4日に4000株成行売りで71円で売却しました。
プラス71000円です。
つづいて動いたのが、玉井商船。
2013年3月7日に91円で売却しました。
プラス21000円です。
さらに
天昇電気を2013年3月11日75円で売却。
プラス36000円
この時点で 6701日本電気で負った傷はリカバーしました。
つづいて、日本伸銅を2013年3月14日に110円で売却。
プラス11000円
リードを2013年4月17日に80円で売却して、
プラス62000円
と勝ち癖がついてきました。
馴染みの銘柄を秋に買って、春に売る。
こうして、わたしは投資家としての経験値と、
売買収支をプラスにすることができたのでした。
低位株投資に興味を持たれたあなた!
証券口座を開設しましょう。
わたしのおススメの証券会社はこちら

関連記事

約定の読み方(やくじょうか??やくていか??)

5216 倉本製作所 急落 買いか? 売りか?

3331 雑貨屋ブルドッグ 売りました~失敗談かな?~

【低位株投資体験談】ルールを破った売買で大きな損失~失敗談~

【低位株投資体験談】買う前に会社四季報はきちんと読もう~失敗談~

【低位株投資体験談】最初の一年は「見てるだけ」のつもりが。。。