【低位株スクリーニング】PBRの使い方

PBRを使って低位株銘柄を選ぶ

【低位株スクリーニング】PBRは1以下の割安株を」でPBRを紹介しました。

最近のわたしのスクリーニング手法も様々な指標を組み合わせて洗練させてきているので、
今回は「PBRの使い方」と題して、原点に立ち戻り
株価とPBRだけでスクリーニングするとどうなるか、試しにやってみましょう。
さてどうなるでしょうか。

 

いつものようにスクリーニングしてみる

 

驚きの低位株スクリーニング手法」で紹介したようにやってみます。
といっても、スクリーニングは手作業です。

株価300円以下
PBR1以下

でスクリーニングをかけると、、、662銘柄となります。
これを手作業でスクリーニングするのは無理があります。

株価300円以下
PBR0.5以下

だとどうなるでしょうか。184銘柄。。。ちょっと演習問題にしては数が多いですね。

株価300円以下
PBR0.25以下

だと、以下の17銘柄。お手頃な数ですね。

4798 エル・シー・エーホールディングス
9423 フォーバル・リアルストレート
7853 アジェット
3318 メガネスーパー
9132 第一中央汽船
5337 ダントーホールディングス
2776 クリムゾン
6944 アイレックス
3331 雑貨屋ブルドッグ
7873 アーク
1805 飛島建設
8925 アルデプロ
6974 日本インター
9713 ロイヤルホテル
8585 オリエントコーポレーション
5697 サンユウ
6719 富士通コンポーネント

これらから、PBRがマイナスとなっている銘柄を除くと

5337 ダントーホールディングス
3331 雑貨屋ブルドッグ
5697 サンユウ

の3銘柄になります。
ちなみにおさらいです。
株価を1株当たりの株主資本(純資産)で割ったものがPBRです。
これがマイナスになるということは、株主資本よりも借入金が多いということです。
そんな企業の株は買えないですよね~。怖くって。

スクリーニングの結果抽出された銘柄は

毎度のことながら、営業キャッシュフローと、現金同等物、をチェックし、
さらに5年月足チャートをみてみます。

1.5337 ダントーホールディングス
営業キャッシュフロー -499百万
現金同等物      5285百万
時価総額       3600百万

2.3331 雑貨屋ブルドッグ
営業キャッシュフロー -361百万
現金同等物      5598百万
時価総額       1580百万

3.5697 サンユウ
営業キャッシュフロー  564百万
現金同等物      1139百万
時価総額       1778百万

どの銘柄も長所、短所併せ持っているので、これだけで判断するのは難しいですが、
(というか、本来なら選外ですが。。。)
チャートを見た感じでは
1.5337 ダントーホールディングス
(ただし株価100円以下で)
2.3331 雑貨屋ブルドッグ
を1000株ずつくらいなら買ってもいいかなと感じました。
チャートのどこを見ているかというと、
うねり

出来高
です。
5337 ダントーホールディングス
ですが、毎年きれいにうねりが出来ています。
いまは、上がった後の下降線に入っているという感じでしょうか。
100円以下まで下がることがあれば、1口遊びで買ってみるのは面白いかもしれません。
3331 雑貨屋ブルドッグ
ですが、うねりは読み取りにくいですが、
出来高です。
2012年3月
2013年3月
と出来高が突然増えて、値上がりしています。
ことし2014年は3月に出来高爆発しなかったようですが、
だからこそ、地震のようにひずみがたまっているかもしれません。
株価も底値圏にあり、今すぐ購入してもいいかもしれません。
まあ、これらの銘柄については、本来なら選外です。
遊びで買う分にはおススメですが、
間違っても全力買いはしないでくださいね。
あくまでも、投資は自己責任でお願いいたします。
低位株投資に興味を持たれたあなた!
証券口座を開設しましょう。
わたしのおススメの証券会社はこちら

関連記事

【低位株スクリーニング】利益剰余金は営業利益と合わせて

【低位株スクリーニング】営業利益・経常利益・最終利益はその大小関係で判断

【再リベンジ】68●●の値動きは面白い

驚きの低位株スクリーニング手法

【低位株スクリーニング】営業キャッシュフローはプラス

【リベンジ】驚きの低位株スクリーニング手法